国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行の良さは温泉だと思います。情緒のある旅館に泊まれるのは、やはり日本国内に限ります。

国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行の良さと言えば温泉

国内旅行をするならやはり温泉に入りたいです。ビジネスホテルなどで宿泊するのもいいのですが、温泉旅館の情緒と言うのは日本独特のものがあります。仲居さんが部屋に入って来て、食事や布団の用意をしてくれるというのは海外ではなかなかない風習だと思います。日本家屋の開放感や、ベッドでなく布団ならではの習慣と言えるかもしれません。逆に、こういうシステムは海外の人にとっては珍しく、もしかしたら受け入れにくい人もいるかもしれません。日本人の、「お客さんがお風呂に入っている間にそっと準備をしておく」というような間を読む能力と言うのは、特筆すべきものがあります。

和室の隅に、庭を見られるような小さなテーブルセットなどのある旅館もあります。和室に慣れていない最近の日本人に取っては、イスに座ってくつろげるこういうスペースは嬉しいものです。温泉旅館の朝ご飯と言うのも情緒があっていいものです。昨日の夜温泉に入り、少しお酒を飲んでたっぷり寝た朝というのは、炊きたてのごはんにお味噌汁、焼き海苔や焼き魚といった朝食がやけにおいしく感じたりします。日本人同士でまったりと行くのもいいのですが、海外の友人を案内するのも楽しそうです。

関連記事