国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行はすべてにおいて時間の余裕を大事にしておかないと計画が狂って修正が効かなくなってしまうということ

国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行は食事時間の早めの余裕が大事

国内旅行をする場合は楽しい旅を些細なことで台無しにしないためにも何事においても時間の余裕を大事にしておくことが大事であります。なぜならタイトな計画で旅をすると途中で予想が外れた場合は計画が狂って修正が効かなくなってしまい楽しさを減退させるからです。

まず余裕を持つための1つは食事であります。その食事は朝昼夜と3食食べる必要に迫られます。食事抜きでの旅は大変にイラついてつらい精神状態に置かれてしまいます。なので食事を欠かすことはできません。その食事で特に重点を置かないとならないのはお昼であります。なぜならお昼はもっとも旅行者の数が多くて、まだ旅の途中だからです。さてそのお昼の食事で気を付けるべき具体的な行動は11時前には食べるお店にありついて注文を始めなければならないということです。なぜならこの11時を逃すとだんだんと人の数が増えてきて店の中が気が付いたら満席になってしまうからです。そうなるとひたすら待ち続けたり別のお店を徘徊したりなどしなければならなくなってしまって余計な時間をとられてしまいます。これだけで余計な肉体的精神的疲労は倍増してしまい旅行の楽しさを半減させてしまうのです。それから移動の時間そのものもいつもに比べてかなりの余裕を見こんでおかないとなりません。途中での渋滞にひっかかると計画をタイトにしていると焦りとイラつきが倍増してさらに旅の楽しさを減少させてしまいます。そうなるとこれは旅ではなくて単なる探検のミッションになってしまうのです。だから時間は早めの余裕と行動が大事なのです。

関連記事